ガネのBLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹後ウルトラマラソン60キロの後遺症、筋肉痛に泣いたのは2日ほど。

3日目を迎えて、すーっと痛みも引いてきました。


さて、次の大会は「四万十川ウルトラマラソン100キロマラソン」。
昨年は、レース途中、伯父の訃報の電話が入り、
ドタバタしていたら、80キロの関門に1分ほど間に合わなくて、
リタイヤ。。。

詳しくは以前のブログに書いてます。
http://gane0611.blog64.fc2.com/blog-entry-174.html

今年は再トライ。

で、一応関門時間を確認。

36.6キロ 5時間25分 
       20キロを2時間50分
56.6キロ 8時間15分
       5.5キロを44分
62.1キロ 8時間59分
       9.4キロを1時間12分
71.5キロ 10時間11分
       8.3キロを1時間4分
79.8キロ 11時間15分
       7.3キロを1時間4分
87.1キロ 12時間19分
       7.1キロを58分
94.2キロ 13時間17分
       5.8キロを43分
100キロ  14時間 

これだけ見ているとけっこう緩やかな関門と思ってしまいますが、
四万十は最初の21キロまでに標高600メートルほどの山があるので、
そこでどれだけ体力を温存し、
タイムを貯金するかがカギ。

全体コースはこんな感じ↓
simannto1.jpg

四万十まで、あと25日。

週末からゆっくりとトレーニング再開。

で、丹後でせっかく減量も出来たので、
いま少し絞り込み、その日、
10月17日に備えたいと思います。

img_memberkimura.jpg
写真は昨年の様子。70キロ地点手前の沈下橋。
また、あそこを走れるだけで、少しうれしい。。。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

【2010/09/22 18:17】 | ウルトラマラソン
トラックバック(1) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
丹後ウルトラマラソン60キロを走り終え、
フィニッシュ地点でPatioチームの仲間を待ちます。

ただ待ちますといっても、
タスケさんは7時間40分48秒(午後4時40分フィニッシュ)
ドタバタさん 7時間59分52秒(午後4時59分フィニッシュ)
だったので、私より1時間以上も前だったので、お待たせしました。

私のタイムが9時間13分43秒(午後6時13分フィニッシュ)
みのるさん 9時間17分18秒(午後6時17分フィニッシュ)
なので、ほぼ仲良く同時ゴール。

そして、kmoritaさん
9時間27分36秒(午後6時27分)、制限時間2分半前。

スタート前から、kmoritaさん、
「ギリギリでゴールしますから、私に抜かれたアウトと思ってください」、と。

見事有言実行!!

ただゴールで待っている時はハラハラドキドキものでした。

kmoritaさん、各関門時間をギリギリだったようで、
ほとんど休憩も出来なかっただろうから、
ホント苦しいレースだったでしょうね。

ということで、皆、お疲れ様でした!!


フィニッシュ後、荷物を受け取り、
お疲れのkmoritaさんの車で、峰山のホテルへ。
(kmoritaさんとタスケさんは、そのまま運転して香川へ帰られました。
この行程もウルトラ級ですね)

チェックイン後、部屋へ。
ここで、実はレース後半から
ずーっと吐き気を我慢していたんですが、
我慢せず嘔吐。何も出ませんでしたが、
少しやれやれ。

でも残りの体力はレベルゼロへ。

そのホテルには大浴場温泉があったので、即風呂。
汗を流した後は、お楽しみ打ち上げ宴会。

ホテル真ん前の居酒屋さん。
料理は想像以上によかったものの、
最初の一口めのビールは最高に美味かったけど、
食欲湧かず。

萩往還の時は、同じく打ち上げ宴会時、
座っておれないほど疲労困憊で酒席で横になりましたが、
今回はそこまではならなくても、
かなり内臓が弱っているのを自覚。

暑さにばてたのか、
はたまた、まだ体力が足りないのか。。。

食欲は湧かずに1時間ちょっとで居酒屋を出て、
ホテル⇒即就寝。

午前4時に身体の温度調節もおかしくなってしまったようで、
身体が火照っており、そのまま起床。

午前7時過ぎ、みのるさんの運転で大阪に戻りました。

大会から2日経ちました。
全身に心地よい筋肉痛。

次回大会は10月17日。
四万十川ウルトラマラソン

1ヵ月を切りましたが、再度、体調を整えて臨みたいと思っています。


100921_1138~01


FC2blog テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

【2010/09/21 12:58】 | ウルトラマラソン
トラックバック(0) |
午後6時も過ぎると太陽は沈み、
町中の電燈が点いていきます。

残り1キロ。

ゆっくり走ります。

周りからは「あと少し、頑張って~」という声や、
「お帰り~」という声。

いつも、この一時の感動が忘れられず、
今まで苦しかった行程を、一切忘れてしまい、
また次の大会を目指す。。。

丹後ウルトラマラソン。

はっきり言って、制限時間は緩やか、
余裕で走れると思っていたけど、いざ走ってみると、
今までのどの大会よりも辛かったかも知れません。

エイドステーションでしっかり休みを入れたからこそ、
ゴールを迎えられたのかもしれません。

とにかく走り始めて9時間13分。

フィニッシュ地点、アミティ丹後。
スピーカーから、6442番、木村さん、お帰りなさい、とアナウンス。

ゴールの前で、増田明美さんとハイタッチ。

18時13分43秒。

丹後ウルトラマラソン60キロを終えました。


写真は私。
100919_1817~01

ほほがげっそり落ちてます(^_^;)

アミティ丹後を後にして、ホテルへ移動。
大浴場に飛び込み、風呂上りに体重を計ると
6キロも減っておりました。

ウルトラマラソンでこんなに体重が落ちたのは初めて。

あれだけ水分に塩分補給もしていたのに、
脱水状態も起こしていたのかもしれません。


1日経って本日。
全身に心地よい筋肉痛があるものの、
食欲も旺盛。

この痛みが引けば1カ月後の大会、
四万十ウルトラマラソン100キロに向けて
またトレーニングを再開します。

(おわり)

FC2blog テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

【2010/09/20 21:59】 | ウルトラマラソン
トラックバック(0) |
丹後庁舎でしっかり休んだので、
またジョグ。

今回の大会はこの繰り返しでした。

ただ足は出るものの、相当身体が疲れているのは明明白白。
汗も相当な量は出たし、とにかく太ももが痛い。

少しスピードを上げて走ると、足が攣ったり。。。

14時28分、49.7キロ地点。
第12エイド、除雪車庫。
ここでもWGHウォーターを頂きました。
100919_1628~01

このエイドを越えると50キロ地点。
100919_1634~01
16時34分通過。

走り始めて7時間半ちょっと掛かってます。

50キロを超えると、カウントダウン。
1キロずつ距離を刻むごとにゴールが近付くのが
楽しみとなってきます。

ただ、この辺りからふくらはぎが、頻繁に攣るようになっていました。
坂道が相当、足腰に響いているようです。

第13エイド、旅館海遊。
日本海を一望できるエイド。
52.8キロ地点です。

ここでは座り込み、水をゆっくり飲みながら、
海を眺めておりました。

屈伸やストレッチをし、いざ出発。
来た道を少し振り返ると、遠目にみのるさんが見える。

「ガンバレ~」と気合いを送り、ゴールを目指します。

少し進むとまた坂道。

まだここで坂かと、かなりゲンナリしましたが、
当然、リタイヤなどなく、上りは歩いて進みます。

54キロ地点、第14エイド。
三津小学校。
100919_1718~01

ここのエイドでは、お汁粉が出ます。
100919_1718~02
昔、甘いものがまったく食べられなかったのに、
マラソンを始めてからは、好んで食べるようになった甘味物。

お汁粉も椅子に座って、しっかり頂きました。

55キロ地点通過。
100919_1729~01

5時半。
ゴールまで5キロ。

この55キロを超えると、またエイド。
14エイドから1.7キロしか離れていない。

55.7キロ地点。
第15エイド、琴引浜鳴き砂文化館。
100919_1735~01

けど、全エイドしっかり制覇が今回、目指していたことでもあるので、
ここでも座り込んで、エイドの方と少し話などし休憩。

ここからはまた少し走って町中を通ります。
その道中は多くの町の方から声援。

ええかっこして、走ります(^_^;)

58.8キロ地点。
最終エイド、第15エイドは網野北小学校前。
100919_1802~01

さすがに全エイド制覇で、いろいろ飲み食いしていたので、
ここでは被り水。

エイドの方に頭にかけてください、とお願いすると、
ナンバーカードから私の名前を調べてくれたようで、
名前を呼ばれながら、頭を洗うように被り水をかけてくれる。

ゴールまであと1,2キロ。

持っていた手拭いで顔などをしっかり拭い、
ゴールを目指します。

この時点で6時を越えている。
思っていたタイムより1時間も時間を費やしたけど、
これはこれでよし。

辛い60キロの旅がまもなく終わります。

(つづく)


FC2blog テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

【2010/09/20 21:43】 | ウルトラマラソン
トラックバック(0) |
弥栄庁舎を後にして、
また微妙に足を刺激する坂を上がったり下がったり。

第2関門は13キロ先の丹後庁舎。
門限は16時38分。

2時間40分もある。

余裕。。。

でも、心は相当、折れ掛かっていました。

坂がつらい。

ここで気を紛らわすために、
iPodに入れていた、あるセミナーの話しを聞くことに。

が、聞き入ってしまい、トポトポと歩いておりました。

14時30分、第9エイド、国原神社手前、38.8キロ地点。
5キロを40分掛けて移動している。

dai9.jpg
まぁ、こんなもんでしょうか。

このエイドではバナナやスWGHウォーターを頂きました。

14時44分。
走り始めて5時間44分。

40キロ地点通過。
100919_1444~01

3分の2を過ぎました。

第10エイド。
42.9キロ地点。
依遅ケ尾入口看板。

ちょうどフルマラソンの距離を走ったところとなります。
42キロを超えてからがウルトラマラソンの世界。

第10エイドでもしっかり休憩。
WGHウォーターやお塩をちょっとつまみ、
エイドの横にひいてあったブルーシートの上に
大の字になり横たわりました。

もう癖になってしまいました。
横になっていると、エイドの方がタオルに氷を入れてもってきてくれました。

顔にそのタオルを乗せるととにかく気持ちがいい。

こんなにエイドでゆっくりした大会は初めてですが、
サロマや四万十でこんなことしたら、いっぱつタイムアウトでしょうね。

45キロ地点、午後3時半通過。
100919_1531~01

この辺りから早歩き。
キロ7分半から8分ぐらいの速度で歩く。

何人かのランナーをそれで抜いて行くと、
「歩いてる人に抜かれた~」という声。

また日本海に出る寸前、右手より100キロランナーの方々が走って来る。
丹後ウルトラの100キロランナー。

サロマより、四万十よりもずっと過酷なレースのような気がしていたので、
もう尊敬しかありません。

15時50分、第11エイド、丹後庁舎着。
関門時間が午後4時38分なので、50分の貯金。

また、ここでもゆっくりしよう。

丹後庁舎の名物はつみれ汁。
100919_1552~01

エイドの方を撮ると、私らは撮らんと、
つみれ汁撮ってよと。。。
100919_1552~02

そして、このエイドでも足のマッサージをしてくれている。
100919_1554~01

またお願いすると、今回は高校生?の男の子。

「何人ぐらいのマッサージしたの?」と聞くと、
「もう何人したか分かりません」と。

「大変だね、ありがとう」というと、
「ランナーの方の方がずっと大変ですから」と。

もう感動モノでした。
ありがとう。。。


ゴールまで13キロ。
制限時間の18時半までには1時間50分もある。

歩いていっても楽勝タイムだなと思い、
制限時間いっぱい楽しむことにし、
時間もあったので、ここでも少し身体を横たえ、
身体を思いっきり伸ばししばし休憩した次第です。

(つづく)

FC2blog テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

【2010/09/20 20:06】 | ウルトラマラソン
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。